読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノースポーツを楽しもう

日本はほぼ何処にいても3時間あれば雪山へいけます。もっと雪山を活用して盛り上げたい。

世界選手権 高速系に日本人。。

 

日本人も出て欲しいけど、、 残念ながらいない。。 というのも、国内で滑降が出来るようなスキー場がほぼ無い。。

マックアースさんのおんたけ2240は去年、長野オリンピック以来の滑降 ダウンヒルのFIS 国際レースが行われました! このようなスキー場を増やさないと未来が無いですね。

おんたけ2240は高速系のスーパー大回転のトレーニングが出来てオススメします!!

高速系を練習して、技術系に行く方が速くなるらしいですよ!!

ニュースより!

サンモリッツ(スイス)共同】アルペンスキーの世界選手権第4日は12日、スイスのサンモリッツで滑降が行われ、濃霧のため11日から延期された男子は地元スイスの30歳、ベアト・フォイツが1分38秒91で初優勝した。3位だった前回大会に続く2度目の表彰台。8日のスーパー大回転を制したエリック・グアイ(カナダ)が0秒12差の2位で、3位にマックス・フランツ(オーストリア)が続いた。  女子は今季のワールドカップ(W杯)種目別首位の26歳、イルカ・シュトヘツ(スロベニア)が1分32秒85で初制覇。男女とも日本選手は出場していない。(共同)